QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
白根 武夫
白根 武夫
現在「77歳」。           ~70代は還元の時代~          生涯現役!若者にはまだ負けない!をキャッチフレーズに福岡の街を毎日元気に歩き回っています。
㈱リーシングサポートの顧問に就任。

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2018年06月29日

しらね金言メモ

『老いて朽ちず』…肉体年齢に縛られない知的で健康なアグレッシブ人生を送ろう。
その為には、①、孤独を恐れない一人人生を楽しむ。②、見る、聴く、行くの好奇心と趣味を持つ。③、体力、気力、知力の維持は大事な要素。働ければなお良し。
  

Posted by 白根 武夫 at 11:35Comments(0)金言メモ

2018年06月29日

趣味だより

①男子サッカーW杯ロシア大会           
日本はコロンビア戦に勝利し、セネガル戦に引き分け。6月28日のポーランド戦に勝つか、
引き分けで決勝ラウンド進出!頑張れ、侍ジャパン!あと一歩だ!!
②英国ウィンブルドンテニス開幕(7月2日~15日)、日本勢、錦織、大坂なおみ選手に期待。
③6月24日…九州国博、ビュールレ・コレクション至上の印象派画家、ルノアール、モネ、ゴッホ、
ピカソ、セザンヌ、マネ等世界の巨匠の代表作を息子と観賞・感動しました。7月16日まで開催。  

Posted by 白根 武夫 at 11:10Comments(0)

2018年06月29日

★★年輪レポート通巻100号達成おめでとう!!★★ 

“年輪レポート・通刊100号に想うこと!”
前職、㈱北山興産退職後、現在の(株)リーシングサポートに入社して早や10年、年輪レポートを書き始めて
この7月で8年強の100回目になります。最初は試行錯誤でしたが、弊社吉住社長を始めとするスタッフの皆さんの
バックアップもあり、やっと100号に辿りつきました。それもこれも満81歳の今も天神のど真中のアットホームな職場環境で
現役として不動産業務の一員として働く事が出来たからであります。会社に対して感謝の気持ちでいつぱいです。
年をとるだけでは能がありません。努める会社は勿論のこと、関わる全ての方々に少しでも、お役に立ちたい一心で、
この年輪レポートを作成しています。更に勉学に励み、より充実した内容でこれからもお届けして参りたいと思います。
体力・気力・知力のある限り生涯現役を目指します。
サラリ-マン生活63年、仕事を通じて見い出した白根流"大人の流儀とは”、
1、何事も、シンプルに、柔軟に、しなやかにそしてスピ-ディーに対応する。言い訳はしない。
2、何が起きてもぶれない、あわてない、諦めない肝玉精神をもつ。道徳心を大切に紳士たれ。 
3、出来ない理由考えず、出来る方法を考えアグレッシブに挑戦する。向上心と好奇心をもつ。
  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)人生を振り返って

2018年06月29日

1、日本史を理解する為の記紀・・・古事記と日本書紀を学ぼう/第1弾!! 

古事記は、民族の起源を記した書。第1弾は天皇の先祖である古代の神々について、          
第2弾は初代神武天皇から応神天皇まで、第3弾は仁徳天皇から推古天皇までについて記載。
西暦712年1月に完成、神話的、物語的が古事記の特徴です。日本書紀は対外的であることを意識した歴史書で、
神武天皇から第41代持統天皇までを記載しています。この記紀と呼ばれる2冊の本は天武天皇の命により編纂され天皇の
史観が入っていると言われています。次回から3回に亘って勉強してまいりましょう。  

Posted by 白根 武夫 at 09:30Comments(0)今月のテーマ

2018年06月29日

季節のご挨拶

真夏の太陽が燦々と輝く7月、海外、国内ともスポーツ真盛りですね!また地元福岡では博多祇園山笠が始まり、国内のあちこちで祭り一色になるのもこの時期です。さあ皆さん、飲み過ぎに気をつけて、元気で今夏を大いに楽しみましょう。  

Posted by 白根 武夫 at 09:00Comments(0)ご挨拶

2018年06月10日

しらね金言メモ

焦らなくてもいい、しかし諦めてはいけない。
焦る気持ちは人の心をはやらせ、時には判断を鈍らせる。
失敗や挫折が多いほど体力はつき、知識は広がるものだ.  

Posted by 白根 武夫 at 10:05Comments(0)金言メモ

2018年06月05日

趣味だより

≪一泊二日の信州一人旅・・・5月18日~19日(FDA直行便(福岡~松本空港)≫
①松本城・1594年豊臣秀吉の家臣、石川康長築城、現存する5重6階の木造天守で日本最古。
姫路城、彦根城、犬山城、松江城と並んで日本五大国宝名城の1つ。築年424年。圧巻でした。
②旧開智学校校舎見学 1872年、明治5年開校、工事費、11000円、町民負担7割の寄付で
擬洋風建築、校舎の中は昔の侭の小学校教室、机、黒板等修身、国語、算数教本教科書保存。
③宿泊先は創業100年のまごころ世界一を目指す民芸旅館・深志荘、一泊多楽の旅でした。  

Posted by 白根 武夫 at 13:00Comments(0)趣味だより

2018年06月05日

“冒険家・三浦雄一郎(86才)の人生哲学3回目/完”

9、三歩進んで、二歩下がって環境に慣れること・問題に直面したら、一度下ってみる勇気が必要。       
10、何度、断られたっていい、断られた先に何かが見えてくる。断られた時こそチャンスと思え。
11、あれこれ考えるな、直感を信じろ・公式や常識のみに囚われず非常識発想、直感力を活かせ。
12、これしかないと思うな、夢のかなえ方は一つではない。前後左右、上下に動かして見よ。
13、苦しみや痛みには、学びや教えが隠れている。痛みを知った人間こそ大きく成長するものだ。
14、努力の苦しみは、楽しんだ方が面白い。努力は苦しいものではない。楽しんだ方が勝ち。
15、家族はチーム、壊すと自分も壊れる。アウトドアは家族の結束力を高めてくれる。
16、われわれは、生きるために山を目指し、困難に立ち向かって行く。無謀はしないが無理はする
17、 想われる友をもつ。想われたかったら他を想うこと。これは人脈づくりに欠かせないことだ。
18、人の知恵を受け取り、知恵で返す。知識、知恵は自分と人を守るものだ。
19、出来ない理由を探さない。出来る理由を探すこと。目標達成は小さな一歩の積み重ね。
20、老いは衰えではない。80才を過ぎても心身は鍛えられる。前向きで好奇心があれば老け込まない。  

Posted by 白根 武夫 at 10:30Comments(0)人生を振り返って

2018年06月05日

かんてんぱぱ、長野県、伊都食品工業塚越会長の経営哲学3回目・・・『 完 』 

目指す塚越会長のビジョンは"苔むす会社になろう”でこれが全社員の合言葉です。一つは、文字通り           
『苔がきれいに育っている会社』であり、もう一つは、『永続する会社のシンボル』という意味です。
会社の最大の価値は“ゴーイングコンサーン”つまり『持続的発展、永続することにある。』が同社の目標です。
三つめが『人の幸せになること、いい会社と言われる会社を目指す。』その為の指針となっているのが、
“忘己利他(もうこりた)の精神”です。己を忘れて他に利する慈悲の極みをいう。つまり自分のことは後回しにして、
人に役立つ、喜んでもらえることを実行すること。   

Posted by 白根 武夫 at 09:15Comments(0)今月のテーマ

2018年06月01日

季節のご挨拶

6月、いよいよ本格的な夏の訪れ、花菖蒲や紫陽花が道行く人びとの心を和ませてくれます。
近くでは、箱崎宮の紫陽花祭りが紫、ピンク、白、色とりどり綺麗です。
わが息子と観賞に行く予定です。皆様も一度いかがですか。
  

Posted by 白根 武夫 at 09:00Comments(0)

2018年05月01日

しらね金言メモ

禅語・・・“立処皆真(りっしょかいしん)”
どんな場所、環境であろうとも、ひたすらに、一生懸命
周囲にとらわれず努力すれば、未来の自分を発見
出来、楽しく生きることが出来るものだ。  

Posted by 白根 武夫 at 14:00Comments(0)金言メモ

2018年05月01日

趣味だより

1、プロ野球戦況・・・開幕から約1ヵ月、パ・リーグでは、西武とソフトバンク、ロッテが
 つば競り合い、セ・リーグでは、広島、DENA、阪神がこれまた僅差の競り合い。
 今年はセ・パとも正直、どこが優勝するか解りません。例年、交流戦を制したチームが
 優勝しているだけに、5月29日(金)から始まる交流戦に注目しましょう。
 地元ソフトバンクホークス頑張れ!
   
2、2018年西日本えびね協会生花展開催・・・4月20日~22日、櫛田神社・蘭、山野草観賞。
  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)趣味だより

2018年05月01日

“冒険家・三浦雄一郎(86才)の人生哲学2回目/生き様語録抜粋”

1、相手を変えずに自分が変わる。環境に慣れることが大人の知恵。       
2、遠回りが結果として早道になることも・ジグザグ歩きが成功の早道か。
3、人生は遊びの要素があった方が長続きする。人間は自分に合わないことには余り無理するな。
4、夜明けは必ずやってくる。上り坂が苦しければ、下り坂は楽しいものだ。
5、リトライ(再試行)を続ける事、リベンジはNO.失敗から得た教訓を生かし、再び挑戦する事だ!
6、今より良くなればいいと思う、人生はいつでも今から始まりだ。たたし、チャンスは逃がすな。
7、やろうと決めたら必ずやる、だが事前準備と調査は怠らない。慣れていることほど慎重に。
8、老いない秘訣は最後まで働くことだ、いくつになっても好奇心とやりたい事を見つけることだ。      
  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)人生を振り返って

2018年05月01日

かんてんぱぱ、長野県、伊都食品工業塚越会長の経営哲学②・・・自然体経営とは

その1、根を深く、そして広く張る、寒天食材を研究し続け深く掘り下げあらゆる業界との連携に成功。           
その2、バランス経営・企業規模に合った商品開発力、イメージ戦略、人材育成、モラル向上。
その3、年輪経営・対前年比率よりも成長の絶対額重視の経営。木は年輪とともに確実に育つ。
その4、脱皮する経営・売上目標なし、いかし甘えの構造もなし、環境の変化対応は的確に実施。
その5、急がば回れ・長期的視野をもつ、目先の効率を求めない。二宮尊徳の教えを大切にする。  
    

Posted by 白根 武夫 at 09:15Comments(0)

2018年05月01日

季節のご挨拶

“目に青葉”“山ホトトギス初カツオ”新緑の好季節となりました。
野山や神社のつつじも赤やピンクに咲き始め、ちょっと行って見たくなりませんか。
また5月3日と4日は『博多どんたく港祭り』が開催、圧巻は日向ひょっとこ踊りでしょうか!  

Posted by 白根 武夫 at 09:00Comments(0)ご挨拶

2018年04月04日

しらね金言メモ

『近すぎて見えないものがある。
近づいたから見えるものがある。』  

Posted by 白根 武夫 at 12:00Comments(0)金言メモ

2018年04月03日

趣味だより

【TANGO~首の差で~紙一重ですべてが変わる】
アルゼンチン・アジアからのゲストダンサーとミュージシャンが繰り広げる魅惑のタンゴショーが
電気ビルみらいホールで3/31(土)行われます。
昨年は前売りの段階で完売!情熱的で華麗なダンスショー、本場アルゼンチンでも
認められているミュージシャンが奏でる哀愁のメロディーを楽しみにしています!  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)趣味だより

2018年04月03日

人生81年目を迎えて

“冒険家・プロスキーヤ-・三浦雄一郎の人生哲学1回目・・・80歳を超えても夢はかなう!”
1、高みを目指すために必要なのは、『やめる勇気』と『やり遂げる心』が必要だ。
世界最高峰のエベレストに挑戦、60歳の時、生活習慣病の塊になり一時は人生終わったと思い込んだ時期があるも、
70歳、75歳、80歳に3回にわたって前人未踏の登頂に成功した。それは生き甲斐とするエベレスト登頂が夢であり、
高い目標であったからだ。夢は人生を豊かにする。地平線の向こうに何があるのだろうか。人間は可能性を信じて進化して
いくものだ。過去の自分に囚われることなく等身大の自分と向き合いどうしたら登ることが出来るだろうかを彼は考えた。
出来ない理由を考えるのではなく出来る理由を考えた。登山であれ、仕事であれ、世の中予期せぬ想定外発生は当たり前
と捉え、万が一に備えておく準備は大事である。突発的事項が発生した場合、即座に原因を究明、迅速に対応した。
諦めずに一歩ずつやり遂げていけば必ず目標の頂上にたどり着くものだという信念で登頂に成功。今新たな挑戦が始まっている。  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)

2018年04月02日

創業以来48期連続増収増益のかんてんぱぱ・・・伊那食品工業塚越会長の経営哲学①

【伊那食品工業の社是…いい会社をつくりましょう・たくましく、そしてやさしく。】            
いい会社とは、単に経営上の数字が良いというだけでなく、会社を取り巻く全ての人々の日常会話の中で 
『いい会社だね』と評判になる会社のこと。いい会社は自分達を含め全ての人々を幸せにするからだ。
そこにいい会社をつくる真の意味があると記されている。企業本来の目的は会社を構成する人びとの幸せ増大であり、
売上や利益はその手段であること。従って社訓、社是は企業のあるべき姿であり、理念を込め方向性を示した羅針盤である
だけに、極めて重要である事を私達は認識しなければならない。企業戦略、戦術の出発点でもあります。経営の目的が
社員の幸せ確保であり、それらを通じての社会貢献であることからも伊那食品工業の永続的安定成長と末広がりの    
“八の字経営”は素晴らしいものがあり、範とすべきである。八の字経営とは、前を向いて両手をひろげて立つ大らかな
感じ。閉塞感がなく夢や希望に満ちて緩やかに、限りなく成長を続け、輝いている状態を言う。それを実行しているのが、
塚越会長の経営哲学だ。彼は平成8年に黄綬褒章を、平成23年に旭日小褒章受賞の現役81歳。   
    

Posted by 白根 武夫 at 10:20Comments(0)

2018年04月02日

季節のご挨拶

桜花爛漫の春、4月1日は皆様ご存知のエイプリル・フ-ルです。
昔は結構、この日は何があるか、何が起こるか解らない、と注意したものです。
この日ばかりは周囲をビックリさせても公認無罪放免日、さて今年の標的は誰にしようかな!  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)