QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
白根 武夫
白根 武夫
現在「77歳」。           ~70代は還元の時代~          生涯現役!若者にはまだ負けない!をキャッチフレーズに福岡の街を毎日元気に歩き回っています。
㈱リーシングサポートの顧問に就任。

2017年09月04日

しらね金言メモ

“日本一は富士山への道のりと一緒。一瞬、一瞬、一球、一球が一歩だった。
当たり前のことが出来なければ、当たり前のプレーは出来ない。”

失敗の要因はとことん追求。これが優勝できた要因。

        ~夏の甲子園初V、花巻徳栄高校・岩井隆監督の言葉。~icon129  

Posted by 白根 武夫 at 14:00Comments(0)金言メモ

2017年09月04日

趣味だより

【1】第99回全国高校野球決勝戦・・・8月23日埼玉・花咲徳栄が広島・広陵を
14対4で破り初優勝。通算本塁打も2006年の60本を上回る68本を、個人記録では、
   広陵・中村捕手がPL学園の清原和博の5本を破る6本、17打点・43塁打の
   新記録を達成、打高投低の大会でした。

【2】 カナダ・サンダースべイ・9月開催のU18W杯、早実・清宮内野手を主将とする
高校野球日本代表チームの活躍・優勝を期待したいです。頑張れ日本代表選手達!
  

Posted by 白根 武夫 at 10:30Comments(0)趣味だより

2017年09月02日

日本の文化“茶の湯”再入門・・・第四弾【 茶室と露地、内部と禅語を知る! 】

1. 茶の湯が行われる空間が茶室であり茶室までの石畳の庭が露地である。露地には一重露地、二重露地、
   三重露地とあるが、基本は内露地と外露地が二つの領域が分かれる二重露地である。
   茶室の外観、屋根構造は、切妻造、寄棟造、入母屋造、方形造、片流れ、庇等。

2. 茶室の広さは四畳半が基本である。16世紀後半になると、千利休が侘び茶の茶室として普及されていった。
その茶室の床の間に飾られた掛軸が簡潔の意味もあり禅語が登用された。

3. その主な禅語とは、①○(円相)、②喝(かつ)、③閑(かん)、④無(む)、⑤洗心(せんしん)、⑥坐忘
  (ざぼう)、⑦守一(しゅいつ)、⑧知足(ちそく)、⑨一期一会(いちごいちえ)、⑩日々是好日
  (にちにちこれこうじつ)、⑪行雲流水(こううんりゅうすい)、⑫放下著(ほうげじゃく)、⑬喫茶去(きっさこ)等々。  

Posted by 白根 武夫 at 15:10Comments(0)人生を振り返って

2017年09月02日

中国・三国志に学ぶ経営の心

第四弾【蜀の宰相・諸葛孔明に学ぶ・西暦222~280年】

1.勝つよりは負けない戦い“孫子の兵法”、勝算なきは戦うなかれ、臆病采配に徹し手堅い戦法。
2.部下統率の基本を、『厳』と『仁』の使い分けにおく。厳とは厳しい態度、信賞必罰でのぞむ。
     但し、上司に心服させるには『仁』、つまり思いやりが必要と説き情を加味し組織をまとめた。
3. 機権幹略能力はリーダーには必要不可欠な資質・・・つまり、『交渉の駆け引き・策略』が必要。
4. “徳は事業の基なり”・・・人間的魅力であり、信望や謙虚さがリーダー自身にあるかということ。  

Posted by 白根 武夫 at 12:20Comments(0)今月のテーマ

2017年09月01日

季節のご挨拶

処暑9月まだまだ残暑は厳しいですが、9月20日のお彼岸の頃には暑さも幾分和らぎ、
初秋の気配を感じる好季節となって参ります。行楽シーズンとなり、旅行にドライブに
友達や家族の皆さんとこの時季の自然を大いに楽しみましょう!  

Posted by 白根 武夫 at 10:15Comments(0)ご挨拶

2017年08月04日

季節のご挨拶

太陽が燦々と輝く8月、今夏は例年になく暑さが厳しいようで、快眠・快食に留意、
水分補給を十分に熱中症にも気をつけ、皆さん元気で乗り切りましょう!
8月1日には大濠花火大会が開かれます。
友人、家族で出かけ、夏の夜空に打ち上げられる花火を満喫するのはいかがですか?  

Posted by 白根 武夫 at 13:10Comments(0)ご挨拶

2017年08月04日

白根金言メモ

◎人生を楽しく生きていく処方箋は本を読み音楽を聴く事!

◎読書は知識、教養、知恵を生み想像力、人間力を高めます。

◎音楽は心の洗浄、旅は感性を磨いてくれます。

~この三つを習慣にすると人生最高でしょう!~   

Posted by 白根 武夫 at 12:00Comments(0)金言メモ

2017年08月04日

趣味だより

【1】世界陸上ロンドン大会・・・8月4日開催、日本男子短距離の若手2名に期待!
  サニブラウンとケンブリッジ飛鳥!

【2】 第99回全国高校野球選手権大会・・・8月7日より15日間、阪神甲子園球場で熱戦が繰り広げられる。春選抜優勝校、大阪桐蔭か106本の高校ホームラン記録を要する清宮所属の東京・早稲田実業か。九州勢では、秀岳館高校、神村学園、福大大濠高校に期待。現在地方大会展開中。
  

Posted by 白根 武夫 at 11:10Comments(0)趣味だより

2017年08月04日

日本の文化“茶の湯”再入門・・・第三弾・茶道の知識と心得を知る!

1、茶碗を知る・茶碗は茶の湯における主役である。茶碗は単に茶を盛るという器だけでなく、客は茶碗を通して
亭主の人格まで見抜く、茶碗を介して双方会話し時には無言で心を通わせる。そこには茶碗を芸術品として
扱い観る文化があるのです。茶碗の選び方が茶事を左右すると言っても過言ではありません。

2、茶碗の見所とその歴史・茶碗の選択の仕方がいかに大事か、茶人の心映えが透けて見えてくるからです。

3、 その歴史はおよそ1200年前、平安時代前期,中国製・唐物茶碗・天目から国焼き茶碗高麗焼から現代の美濃 焼、志野焼、黒織部焼、上野焼、萩焼、唐津焼、薩摩焼、小石原焼等全国相当数の窯元が発生し茶文化が茶碗と共に根ずいて今日に至っております。次に大事なのが茶室であり、茶道具であり、次回掲載予定です!  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)人生を振り返って

2017年08月03日

中国・三国志に学ぶ経営の心

第三弾【 魏の宰相・曹操の戦法に学ぶ! 】
◆烈士暮年、壮心己まず◆・・・千里を走る駿馬は年老いても馬屋に繋がれても、志は千里の彼方に馳せている。
それと同じく、立派な人物は年老いてもやる気だけは失わないものだ。
われわれもできれば“壮心・己まず”の生き方をしたいものです。また曹操はリーダーとしての"駆け引き”に長けていた。その為、ピンチになっても動ずることなく切り抜け、組織を守ることができた。
さらに当代一の詩人でもあった。又、他人の中傷誹謗に屈せず強い克己心の持ち主であった。  

Posted by 白根 武夫 at 16:15Comments(0)今月のテーマ

2017年07月05日

趣味だより

【1】プロ野球セ・パ交流戦結果・・・
ソフトバンクホークスが、広島カープに同率接戦の末、3連覇達成。主力を欠きながらも工藤監督の采配、選手のやる気、執念が結実した勝利でした。6月23日から後半戦に突入、パリーグは1位楽天に僅差でソフトバンクホークスが追走。セリーグでは広島カープに阪神タイガースが3差で追走、後半戦の他チームの反撃に注目か!

【2】将棋の最年少棋士藤井聡太四段、6月26日29連勝達成!
30年ぶりの新記録、アッパレ!  

Posted by 白根 武夫 at 13:07Comments(0)趣味だより

2017年07月05日

中国・三国志に学ぶ経営の心・・・第二弾【魏の国】

三軍の災いは狐疑より生ず・・
三国志・袁紹10万の兵に対し、曹操2万の兵が“官渡の戦い”で
少ない兵数の曹操軍が圧勝、その差はトップの読みと決断にあり。
曹操は一度のチャンスを、決断と素早い実行力で先制攻撃を仕掛け、5倍の少ない兵力差を跳ね返し勝利に導いた。曹操の偉いところは、
①負け戦から学ぶ・・二度と同じ失敗をしない対策をたてそれを活かした。
②変化すること神の如し・・曹操の強さは孫子の兵法の原理、原則をマスターした上で臨機応変の運用面で抜かりがなかった。
『勝算なきは戦わず』はその一例である。  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)今月のテーマ

2017年07月05日

しらね金言メモ

◎敗北には敗北の原因がある。
 
◎一つは目先の利のみに、もう一つは相手構わず、
  自分だけの利に捉われることである。
  善因と善条件がつながった時、善果の勝利を得るものだ!   

Posted by 白根 武夫 at 10:10Comments(0)金言メモ

2017年07月04日

日本の文化“茶の湯”再入門・・・第二弾・茶の湯の改革者・千利休

.千利休の侘茶は、
①仏教的な無常観が根底 ②自然素朴に徹する ③大から小へ ④贅沢から質素へ
⑤人為から自然へ ⑥茶室は4畳半から2畳・1畳半まで ⑦高価な茶器を廃し、日常の飯器を採用、
竹で気品溢れる花入れを創造し象牙の茶杓を竹に変えた。 ⑧一期一会を根本精神とした。 ⑨守破離などがその教えの底流にある事を私達は理解することが先ず入門の第一歩である。

、利休には利休の茶を慕い、門弟として指導を受けた武将7人(利休7哲)がいた。その中で利休亡き後、
継承したのが古田織部である。他に蒲生氏里郷、細川忠興、高山右近等がいる。利休は茶の静的、
古田織部は動的要素ありや。信長・秀吉に二人とも造詣があった。  

Posted by 白根 武夫 at 12:15Comments(0)人生を振り返って

2017年07月04日

季節のご挨拶

真夏の太陽が燦々と輝く酷暑7月、お互いに熱中症に気を付け、

水分・栄養(スタミナ料理)・睡眠・暴飲暴食に留意し、暑さに負けず、元気で、

7月15日博多山笠追い山ならしにちなんで、夏男・夏女になりきりましょうface02  

Posted by 白根 武夫 at 09:30Comments(0)ご挨拶

2017年06月05日

金言メモ

◎歳をとっても“笑談力”があれば老け込まない。
   思わず微笑むダジャレは周囲を和ませます。

◎“笑う門には福来たる”
  人生,面白いといわれる人間になれば魅力も倍加し,人は寄ってくる!   

Posted by 白根 武夫 at 11:30Comments(0)金言メモ

2017年06月05日

趣味だより

1、5月24日アクロス福岡 『クラシックピアノとドラムのコラボレーションに感動』
  ピアノ三船優子、ドラム堀越彰によるCD発売記念コンサートイン福岡観賞

2、5月26日~27日『井伊直虎ゆかりの浜松と東海6城めぐり参加』
  ①名古屋城(徳川御三家)、②清洲城(織田信長)、③墨俣一夜城祉公園、④犬山城
  (織田信長)、⑤岡崎城(徳川家康)、⑥浜松城(徳川家康)~浜名湖~龍漂寺(井伊家)~
  おんな城主井伊直虎大河ドラマ館。音楽は心の洗浄、旅は動の感性が磨かれ若返りの秘訣です。  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)趣味だより

2017年06月05日

日本の文化“茶の湯”再入門・・・第一弾・茶の湯1200年の歴史、織部と利休の美意識。

お茶を飲むという行為は世界中で広く普及して来ましたが、そこに“美”を見出だし芸術文化にまで
高めたのは、日本人だけといわれています。茶の湯を知るということは、日本人を知ることでもあるのです。          
茶はもともと中国で薬用として愛飲され、日本には平安時代の815年に伝来されたと言われています。
安土桃山時代になって二人のお茶の革命児、『千利休』と『古田織部』が広く知られました。
その原点は中国文化(唐物)、日本文化(和物)を融合、調和のとれた美意識を養う事にあり。
高慢な心を廃し、謙虚さ・親切心を心がけ、調和のとれた美の感覚と“侘び・さび”の境地に浸ることが大事です。  

Posted by 白根 武夫 at 10:20Comments(0)人生を振り返って

2017年06月02日

中国・三国志に学ぶ経営の心

☆第一弾!!激変の時代企業間競争に生き残る経営のヒント☆

今から約1800年前、中国は国土が“魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉(ご)”の三つ
に分かれていた。
“食うか食われるか”正に戦国動乱の時代であった。
広い舞台の上に、個性豊かな人物(軍師)が次々と登場し、
生き残りをかけて熾烈な戦いを展開。その代表格が諸葛孔明/司馬仲達だ。
更に上記三つの国のトップ【曹操(そうそう)劉備(りゅうび)孫権(そんけん)】の戦い振りと代表的な三つの戦い(官渡の戦い、赤壁の戦い、夷陵(いりょう)の戦い)を紹介、第ニ弾以降で学び、経営のヒントを模索していきたいと思います。  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)今月のテーマ

2017年06月01日

季節のご挨拶

6月、本格的夏の到来です。神社仏閣に咲く紫陽花が梅雨期の雨を和らいでくれます。

今年の夏も箱崎宮のあじさい祭りに一人ぶらぶら行って見ようと思います。

皆さん、厚さに負けず今夏を元気で乗り切りましょう!  

Posted by 白根 武夫 at 15:10Comments(0)ご挨拶