QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
白根 武夫
白根 武夫
現在「77歳」。           ~70代は還元の時代~          生涯現役!若者にはまだ負けない!をキャッチフレーズに福岡の街を毎日元気に歩き回っています。
㈱リーシングサポートの顧問に就任。

  

Posted by at

2018年03月05日

しらね金言メモ

“勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし”
勝ちには、偶然という要素が入り込むものだと謙虚に受け止めよ。
負けは運が悪かったと片付けずに、失敗には必ず理由がある。
それを突き止めて反省し、次に生かすことだ。
失敗の数が多い程、成功は増える。
  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)金言メモ

2018年03月05日

趣味だより

1、 第90回記念選抜高校野球大会
3月23日から13日間、甲子園球場36校(内21世紀枠・3校)
優勝候補は、昨秋の明治神宮大会を制した高知の明徳義塾か大阪桐蔭の連覇か、東筑高校か。

2、セ・パプロ野球同時開幕…3月30日セ・リーグは広島の3連覇、
パ・リーグはソフトバンクホークスの2連覇なるか注目。
ソフトバンクホークスの初戦はオリックスとヤフオクドームで。            

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)趣味だより

2018年03月05日

人生80年を振り返って

 “長く生きるというよりも公私にどう楽しく生きるかを大切に”
『生涯現役、生涯シルバー青年を目指して・・・変化を恐れず日々前進あるのみ!』  
1、大きな夢を持つ人や明るく大きな使命に生きる人は強い。大人とは困難を戦い抜く人だ。
2、 価値ある人生とは、いつまでも青年の心で若々しく、生涯楽しく生き抜くところにあるんだ。
3、 青年には限りない希望と夢がある。それは、公私に亘ってやりたい事が山ほどあるからだ。
4、 青年は体力、気力、知力があり好奇心旺盛である。挑戦意欲もバイタリティもある筈だ。
5、 青年には限りない宝がある。それは、やる気・負けん気・勇気に正義感、そして欲望だ。
6、 若き挑戦の魂に行き詰まりなし、全ては行動から始まる、失敗を恐れるなやり直しはまだきくものだ。
7、 時間は待たない、10年、20年はあっという間に過ぎていく、今日1日に集中せよ過去は戻らず。  

Posted by 白根 武夫 at 09:30Comments(0)人生を振り返って

2018年03月02日

明治維新と西郷隆盛(1828年~1877年)の功績

今、日本は第3の開国の時期を迎えている。第1の開国は明治維新、
第2が太平洋戦争後の復興期。社会はボーダレス化、世界は
グローバル化し、これから日本はどう生き残って行くのか、維新三傑の
大久保利通、木戸孝允とその中心人物、西郷隆盛の功績から第3の
開国時代を生き抜くヒントを探求してみよう。
1つ目が、隆盛、島津久光と衝突、遠島2回、命懸けの経験で私欲を捨て
天命を意識再起、1866年、長州の木戸孝允、土佐の坂本竜馬等と組み
倒幕へ走る。結果、江戸無血開城に成功、明治新政府で1871年
廃藩置県を成し遂げ近代国家の礎を築いた。2つ目が、儒教に裏打ち
された天命に忠実であろうとする厳しい使命感、芯の強さがあり
人間的魅力があった。西南戦争での敗死も死生観や死に様についても
政治家、軍事家、教育者、人格者としても懐の深さは周囲を魅了し
考えさせた。結果よりも心情の純粋性を重んじた傑物であった。
隆盛の私利私欲を排除し、公のため人のために尽した輝きに、
今を生きる私達は人生指針のヒントにしたい。     

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)今月のテーマ

2018年03月02日

季節のご挨拶

春3月、企業では決算期、学校では卒業式、官公庁では年度が変わり、
人事異動が多くなるのもこの時期です。自然の移り変わりと共に
インフルエンザからスギ花粉にも注意し、慌しさに負けず、
球春3月を元気で乗り切りましょう!  

Posted by 白根 武夫 at 10:10Comments(0)

2018年02月05日

趣味だより

◆『韓国・平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開幕・・・2月9日~2月25日』◆
日本選手団総勢267名(選手は男子52名、女子71名、役員など144名)。
団長・斎藤泰雄、旗手・葛西紀明選手、主将・小平奈緒選手。金メダル9個以上が目標。
スピードスケート、ジャンプ、スノーボード、フィギュアスケート、アイスホッケー、ノルディックスキー、
アルペンスキー等々…寒さに負けず、123名の活躍を期待しましょう。   

Posted by 白根 武夫 at 16:00Comments(0)趣味だより

2018年02月05日

しらね金言メモ

“千思万考(せんしばんこう)”とは、何度も思い、何回も考えること。
そして決断したことを粘り強く実行する。結果は後でついてくる。
これは物事を成就する為の鉄則である。  

Posted by 白根 武夫 at 15:30Comments(0)金言メモ

2018年02月05日

維新150年と西郷隆盛の人間像と維新三傑と有名な言葉

①隆盛の人間性・・・幼い頃からリーダーシップを発揮し、若者組織二才組リーダー、二才頭を努めた。
部下への面倒見がよく、人望厚く薩摩藩の武士の子達に郷中教育等教育熱心家。幹部には判断力、決断力、  
実行力を叩き込み、大山巌、東郷平八郎、山本権兵衛を輩出した。
②隆盛はまた、軍人として冷徹な判断力、行動力をそなえ、大久保利通・木戸孝充と共に維新三傑の中となって、明治維新改革に努めその功績は顕著であった。
③隆盛座右の銘として有名な言葉・・・“敬天愛人”とは、天をおそれ敬い人を慈しみ愛する事。
道は天地自然の道なり。講学の道は敬天愛人を目的とし身を修するに克己を似って終始せよ。  

Posted by 白根 武夫 at 15:15Comments(0)今月のテーマ

2018年02月05日

季節のご挨拶

1月も終わり、暦の上では2月3日は『節分』、2月4日は『立春』、と春近しとはいえ、
今年の寒さは格別です。今暫くは“我慢、我慢”でしょうか。待望のプロ野球も2月1日から、
宮崎を中心にキャンプイン開始となり、楽しみが増えて参りますね!  

Posted by 白根 武夫 at 15:00Comments(0)ご挨拶

2018年02月02日

『青春とは・・・』

“『青春とは』・・・昨年9月、読売旅行ツアー【神々の里・島根県、出雲大社参詣時に学ぶ!】”
1、青春とは、人生のある期間ではなく心の持ち方をいう。
2、歳を重ねただけで人は老いない。夢や理想を失った時、初めて老いる。
3、人は信念と共に若く、疑惑と共に老いる。
4、人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。
5、人は希望と共に若く、失望と共に老い朽ちる。
今、頭を高く上げ希望の波を捉える限り、例え何歳であろうと君は若い。
 
私は3月で81歳になりますが、もう81歳と思うのではなく、まだ81歳であると思い、生涯現役、
生涯シルバー青年を目指します。その為にも体力、気力、知力の三つの力は欠かせません。  

Posted by 白根 武夫 at 16:55Comments(0)人生を振り返って

2018年01月05日

しらね金言メモ

“感応道交(かんのうどうこう)…禅語の教え”
縁をもって心が一つになる、お互いの心と心が通じ合う。一期一会を始めとする人と人との出会いを大切に絆を深め、親交を温めていくことが大事。
  

Posted by 白根 武夫 at 17:00Comments(0)金言メモ

2018年01月05日

“お城入門・・・『第三弾・織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、三英傑ゆかりの城。』”

1. 織田信長(1534年~1582年)
岐阜県・岐阜城、滋賀県・安土城(1576年、日本初の天守) 愛知県・小牧城、清洲城、勝幡城、那古野城。
1582年・明智光秀の造反本能寺の変で自刃。

2. 豊臣秀吉(1537年~1598年)
滋賀県・長浜城、京都府・伏見城(秀吉、最初の城)。兵庫県・姫路城(世界文化遺産)、京都府・山崎城、大阪府・大阪城、佐賀県・肥前名護屋城。

3. 徳川家康(1542年~1616年)
愛知県・岡崎城、静岡県・駿府城、愛知県・名古屋城。静岡県・浜松城、京都府・二条城、東京都・江戸城。

4. 日本四大築城名人
①加藤清正(熊本城)、②藤堂高虎(今治城、津城、宇和島城、伊賀上野城。
③大田道灌(江戸城、河越城、岩槻城)、④馬場信春(武田信玄に関わる城、馬出し城等)。
  

Posted by 白根 武夫 at 10:00Comments(0)人生を振り返って

2018年01月04日

趣味だより

『年末年始のイベント』

◆平成29年12月23日◆
【国際会議場にて福大付属若葉高校ダンス部・第26回定期公演鑑賞】
今年で5回目ですが、若さと躍動感溢れる選手達の日本一の演技に新鮮な感動を覚えました。

◆平成30年1月2日~3日◆
【第94回東京・箱根間往復男子大学駅伝開幕】
青学大の4連覇か、はた又、出雲選抜大会を制した東海大か、全日本大学駅伝優勝の神奈川大、3強の争いか、東洋大、駒大、中央学院大、早大か、今年もテレビ観戦目が離せないですね!  

Posted by 白根 武夫 at 17:00Comments(0)趣味だより

2018年01月04日

大河ドラマ『西郷どん』

【明治維新150年の歴史とNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』…1月7日(日)スタート。】
今年は明治維新から150年を迎えます。歴史が大きく動いた時代です。その改革の中心人物が西郷隆盛でありました。
260年続いた徳川幕府が倒され、天皇を中心とした新しい中央集権国家が誕生しました。廃藩置県、徴兵制度、殖産興行策が導入され、教育制度や税制の抜本改正等により、近代国家造りが進みました。 その立役者が西郷隆盛、大久保利通、島津斎彬(なりあきら)、坂本龍馬、木戸孝充等であります。  

Posted by 白根 武夫 at 16:00Comments(0)今月のテーマ

2018年01月04日

季節のご挨拶

【新年明けましておめでとうございます。】
2018年・平成30年の始まりです。現天皇陛下の退位に伴い、2019年(平成31年)5月1日から新天皇の即位により、新元号に変わります。
今年の夏頃には公表される予定です。時代の一つの節目に当たる今年を意義ある1年にしましょう!  

Posted by 白根 武夫 at 15:00Comments(0)ご挨拶

2017年12月04日

しらね金言メモ

人に好かれる為には“酒々落々(しゃしゃ・らくらく)”が必要。
性格や言動がサッパリしていて明るい人。
物事に変に拘り過ぎずユーモアがあり邪心のない人。  

Posted by 白根 武夫 at 11:40Comments(0)金言メモ

2017年12月04日

趣味だより

『~秋の旅~長男と二人で楽しく堪能!』
・11月上旬・・・太宰府・九州国立博物館・・・安土桃山時代(1582年~1600年)の
            大航海時代の日本美術絵巻“新桃山展”観賞。日本の歴史文化を探る。
・11月中旬・・・承天禅寺・・・第115回”博多織求評会”観賞。770余年の歴史があり、
            その中から選ばれた受賞作約200点、職人肌の粋に浸る。 
・11月下旬・・・ザ・ビッグバンドジャズオーケストラの“ジャズコンサート”参加。感動受聴。  

Posted by 白根 武夫 at 11:15Comments(0)趣味だより

2017年12月04日

“お城入門・・・【第二弾・現存12天守と国宝5天守とは・国宝お城めぐり残るは松本城のみ】”

現存12天守とは
  ◆兵庫県・姫路城・・・国宝、世界文化遺産、1346年、赤松貞範築城、日本最大の連立式天守。
  ◆長野県・松本城・・・国宝、1593年、石川数正築城、合理的、実戦的、質実剛健美を有す城。
  ◆愛知県・犬山城・・・国宝、1601年、織田信康移築、木曽川沿、国盗りの要諦になった名城。
◆滋賀県・彦根城・・・国宝、1606年、井伊直継築城、琵琶湖を見下す彦根山頂に3層の天守。
◆島根県・松江城・・・国宝、1611年、堀尾氏築城、宍道湖の側、山陰唯一つの天守。
◆青森県・弘前城・・・1611年、津軽家12代の歴史があり、総構えの日本最北端の桜の名城。
◆福井県・丸岡城・・・1596年、柴田勝豊築城、越前平定の要となった野面積みの石垣と城。
◆岡山県・備中・松山城・・・1683年、日本で最も高い三大山城の一つ。難攻不落の天空の城。
  ◆香川県・丸亀城・・・1660年、生駒親正築城、日本一の高さを誇る石垣と最小天守。
◆愛媛県・宇和島城・・・1666年、藤堂高虎築城・伊達家二代目再建。不等辺五角形の城。
◆愛媛県・松山城・・・1603年。 ◆ 高知県・高知城・・・1603年。
  

Posted by 白根 武夫 at 11:00Comments(0)人生を振り返って

2017年12月02日

維新150年と西郷隆盛・・・『第二弾・西郷隆盛と五大合戦』

1.1863年 薩英戦争・薩摩軍85門砲、英国艦隊7隻の軍艦に90門砲、鹿児島城は火の海となり、英国軍圧勝。
  ことの発端は前年の生麦事件の賠償金、犯人処罰交渉の決裂にあり、薩英戦争は幕末維新の転換点に   
薩摩に攘夷の無謀を悟らせた。 
2.1864年【禁門の変】8月18日の政変で下された、処分撤回を求めた長州軍が上洛、西郷隆盛率いる薩摩軍は
  会津軍と共に朝廷の主力となりこれに挑戦、長州藩を撃破する。その結果、長州藩と薩摩藩は一気に険悪になっ   た。  

Posted by 白根 武夫 at 13:10Comments(0)今月のテーマ

2017年12月02日

季節のご挨拶

師走12月、今年も余すところあと1ヵ月となりました。冬を迎え、寒さも一段と厳しくなりました。
公私にわたって何かと忙しくなりますが、計画をたて充実した1ヵ月を過ごしましょう。
整理整頓、断捨離を忘れずに!  

Posted by 白根 武夫 at 10:30Comments(0)ご挨拶